コロナで凍りついた冬のアルバイト市場

学費は両親から支援してもらえるが、生活費まで出してくれる家庭の暮らし向きが悪い。 4度目の挑戦の末、昨年大学に合格した彼は、浪人時代からあらゆるアルバイトを転々とした。 授業を終え、夜間警備や飲み屋への給仕をし、授業のない日は、工事現場の日雇いとして働いた。 そうやって稼いだお金で3食の食事代と携帯電話代、教材費を充てた。 休みの時はまとまったお金が入る塾講師として働いた。

毎年12月から翌年2月まで、「冬のアルバイト」市場は低所得·庶民層の大学生には生計と学業をつなぐ生活の戦線だ。 親から学費や生活費を支援してもらう余裕のない学生たちは、同期間のアルバイトに次の学期の学費や生活費をかけている。 そのような冬のアルバイト市場が今年は冷え込んでいる。 青年たちが主に働くカフェ·居酒屋·飲食店がコロナ営業制限措置で直撃弾を受けたからだ。 賃貸料·人件費に耐えられず店を閉めたり、いるアルバイトまで追い出して主人が代わりに席を守っている。 もしアルバイトを求めるという公告が出れば、その地位をめぐり青年が70-80人ずつ集まる凄絶な状況も起こる。

最近、冬のアルバイト募集は「ロト」と呼ばれる。 バイトアプリに掲載された首都圏のあるブランチカフェ「バイト生公告」には4日現在、52人が志願している。 午前10時から午後6時まで、飲み物製造や包装、売場の管理を任せ、給料200万ウォンを与える席だ。 京畿道富川市(キョンギド·プチョンシ)の遠美(ウォンミ)高校3年生のソ某君(18)は「修能を受けてから2週間ほど経ったときからアプリでアルバイト先を探してみたが、カフェとインターネットカフェでのアルバイトはたった1席しかなかった」とし「アプリで志願者の競争率を見たら、カフェは56倍、インターネットカフェは80倍だったため、事実上あきらめた状態だ」と話した。

ソウル広津区華陽洞(クァンジング·ファヤンドン)で薬局を運営する金某さん(51)は先月中旬、あるアルバイト仲介アプリに「薬局電算業務のアルバイトを募集する」という広告を出してびっくりした。 携帯電話の番号を残し、꿀알바 携帯メールで年齢と簡単な履歴を送ってほしいと頼んだが、その後2-3日間、「文字爆弾」に苦しんだ。 例年なら7~8人にとどまった志願者が40~50人も殺到した。 メールの中には採用を切羽詰って訴える内容も少なくなかった。 やらせて下されば 何でも一生懸命に頑張ります!! 「誰よりも情熱が溢れ、誠実さと根気を誇ります。」「お母さんが保健所でして、こちら側に早く学ぶことができると自信があります。」 連絡ください。’誰より几帳面によくしてベストを尽くします。’

それでも人を選ぶのはバイク配達員、宅配上下車のように’コロナ特需’を迎えた業種だけだ。 公務員試験を準備中のチェ某さん(28)は「今度のクリスマスに京畿道利川(キョンギド·イチョン)にある物流センターで宅配上下茶のバイトをした」とし「学校図書館で勉強し、食事は家でインスタントご飯とキムチ、ツナの缶詰などを食べながら最大限節約しているが、相変わらず厳しい」と話した。 「金に困っているためアルバイトの回数を増やしたいが、そうすれば勉強もしなければならないが、体が余っていないのではないかと心配だ」と話した

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다